“Fair enough.” 「いいだろう。」

chuck_s4d11e2_0
CHUCK – シーズン4 ディスク11 エピソード2
– “Chuck Versus the Agent X”より

(出展:Warner Bros.Entertainment Inc.)

この回の主なプロット:

  • サラとチャックのバッチェラー・パーティー
  • エージェントXを探す

Phrase 1: “Fair enough.”

「いいだろう。」(2分36秒)
chuck_s4d11e2_1

(Ellie) I’ll turn it off as soon as the festivities begin. Okay?
(Devon) Fair enough.

(エリー)「パーティーが始まったらすぐに電源は切るわ。」
(デヴォン)「よし。

“Fair enough.”は相手が提案した事に対し、「いいだろう。」「よかろう。」と同意を示すフレーズです。

Phrase 2: “Lock and load.”

「準備はいいか?」(12分28秒)
chuck_s4d11e2_2

(Stripper) Sarah Walker?
Lock and load.

(ストリッパー)「サラ・ウォーカーだな?
楽しんでくれよ。

“Lock and load.”は、もともと戦争で「攻撃の準備をしろ」という意味で使われた言葉ですが、通常「準備はいいか?」という意味で用いられます。

Phrase 3: “sweep something under the rug”

「見て見ぬふりをする」(41分35秒)
chuck_s4d11e2_3

(Casey) If they find out we know, they order a guy like me to put a bullet in each one of our heads.
Pretty sure your dad didn’t wat this to end that way.
(Ellie) So, we’re to just sweep this thing under the rug?

(ケイシー)「CIAがこのことを知ったら、俺みたいな殺し屋を使って、ここにいる全員の頭を銃で吹き飛ばそうとするだろう。
お前らの父親はそんな終わりは望んでいないはずだ。」
(エリー)「それじゃ、見て見ぬふりをしろって言うの?」

“sweep something under the rug”は、「見て見ぬふりをする」「臭いものにフタをする」という意味です。