英検1級の筆記試験で高得点を取るには速読力が必要。分からない単語が出てきても気にせず進め!

この記事では英検1級の筆記試験の長文問題を採りあげます。
比較的難しいと思われる単語にフォーカスします。

※出展:2016年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

The international Space Station

ISS計画のコストは10兆円

Publicity about the International Space Station (ISS) tends to overwhelm readers with the impressive claims that it is the largest man-made object in space, and that by the time its final component is attached later this year(2010), it will have required the collaboration of ober 100,000 people around the world. Often omitted, however, are the facts that it has been fraught with problems since its inception and is already the most expensive object ever built, having cost close to $100 billion.

  • overwhelm・・・圧倒する
  • fraught・・・満ちている
  • inception・・・開始

国際宇宙ステーション(ISS)に関する宣伝物は、これが宇宙最大の人工物であり、2010年後半に最後の部品が取り付けられるまでに世界中の10万人以上の人々の協力が必要であったという、感動的な主張によって読者を圧倒しようとする傾向がある。
しかし省略されることが多いのは、ISSは開始以来常に多くの問題を抱えており、1000億ドル(約10兆円)という史上最も高価な建造物であるという点である。

ISSの前身「フリ-ダム」

The first ISS components were launched in 1998, but the project’s roots date to 1984, when U.S. President Ronald Reagan announced plans for an Earth-orbitting space station named Freedom. The years that followd were a portent of what was to come for the ISS. The National Aeronautics and Space Administration (NASA) repeatedly underestimeted Freedom’s development costs, hile at the same time Congress slashed NASA’s budget, thereby limitting the project’s scope. Freedom never got off the ground, but in 1993, President Bill Clinton enlisted the financial and technological help of 13ccountries to design and build a sccessor, the ISS. The initial $35 billion price tag alienated many politicians and in a public relations blitz, ISS proponents made excessive claims about the supposed myriad benefits of scientific research that would be performed on the station. The official ISS press kit said such research could lead to “possible treatments for cancer, diabetes, emphysema and immune system disorders,” technologies to improve computers and revolutionize industry, and innovative products that would greatly enhance everyone’s lives.

  • portent・・・前兆
  • Aeronautics・・・航空術
  • enlist・・・参加する
  • alienate・・・遠ざける
  • blitz・・・電撃(集中)作戦
  • proponent・・・支持者
  • myriad・・・無数の
  • diabetes・・・糖尿病
  • emphysema・・・肺気腫

ISSの最初の部品は1994年に打ち上げられた。計画の始まりは、アメリカのロナルド・レーガン大統領が「フリーダム」という地球周回軌道の国際宇宙ステーション計画を発表した1984年である。
その後の数年間は、ISSの運命の予兆となった。
NASAは何度もフリーダムの費用を少なく見積もり、議会はNASAの予算を大幅に削減したため、フリーダム計画の範囲は縮小された。
フリーダムが実現に向けて離陸することはなかったが、1993年にアメリカ大統領ビル・クリントンは、後継のISSを設計・建設するため、13か国に経済的・技術的支援を求めた。
350億ドルという予算は多くの政治家の興味を失わせたが、ISSの支持者は大規模な広報活動を展開した。
支持者たちは、宇宙ステーションで行われる実験から得られる多くの利益を過剰なまでに主張した。
ISSの公式発表によればISSでの実験は、がん・糖尿病・肺気腫および免疫障害の治療法、コンピュータの改良による産業革新、人々の生活を大きく向上させる革新的な製品につながる可能性があった。

世界規模のコラボレーションは問題だらけ

In fact, according to ISS critics, the project resulted rather in a myriad of problems. “It’s always easier to draw these things than to build them,” says National Air and Space Museum historian Roger Launius. Ironically, international cooperation contributed to the difficulties. Space station parts were built in various countries and failed to fit precisely when assembled. Electrical and life-sustaining systems malfunctioned, and computer systems crashed. After the space shuttle Columbia exploded in 2003, no other country could carry payload to the station. Proponents said such complications should be expected, given the magnitude of a project stretching the limits of human innovation. Critics actually agree with that assessment, but believe the real problem is that the management of such projects needs to be forward-thinking and long-term.

  • payload・・・弾頭
  • forward-thinking・・・未来を見通した思考

ISSを批判する立場の人々によると、ISS計画は無数の問題を生む結果となった。
「作るよりも、絵を描く方がいつも簡単だ。」
国立航空宇宙博物館の歴史学者ロジャー・ローニアスは語る。
皮肉なことに、国際協力が問題の原因ともなった。
ISSの部品は多くの国で作られていた。組み立ての際に合わなかったり、電気系統と生命維持装置が誤作動を起こしたり、コンピューター制御装置は故障した。
2003年にスペースシャトルのコロンビアが爆発事故を起こした後、どの国もISSに機材を運ぶことができなくなった。
ISSの支持者たちは、ISSが人類にもたらす革新の規模を考えれば、多少の混乱は想定内だと述べた。
ISSに批判的な人々もこれには賛意を示した。しかし本当の問題は、ISS計画の運営には未来を見通した思考と、長い期間が必要だという点だ。

ISSは期待に応えられなかった

As if to prove this point, the problems that crippled Freedom resurfaced with the ISS. Costs ballooned to the current $100 billion, and the station’s aims kept changing with the political climate. Keith Cowing, founder of NASA Watch, a website that provides commentary about the U.S. space program, notes that this “makes it difficult to explain to Congress and the public what the purpose of the ISS is.” All of this might not have mattered if tangible results had materialized, but here, too, the ISS has fallen short. The little science conducted on the ISS has focused on helping astronauts overcome the negative health effects of long-term stay in space. Such experiments are geared toward space exploration, not toward improving the lives of people on Earth.

  • tangible・・・明白な

これらを証明するかのように、フリーダム計画を妨げた問題が、ISSでも再登場することとなった。
総費用は1000億ドルにのぼり、ISSの目標は政治に左右されるようになった。
アメリカの宇宙計画を評論している「NASAウォッチ」というサイトの創設者、キース・カウィングは次のように指摘している。
「ISSの目的が何なのか、議会と国民に説明することは難しい。」
明らかな結果が出ていれば問題にはならなかったかもしれない。しかしISSは期待に応えられていない。
ISSでの実験は、宇宙空間での長期滞在による健康への影響を克服することに焦点が当てられている。
実験は宇宙探査を目的としており、地球にいる人類の生活を改善するためのものではない。

Questions

What is suggested about the space station Freedom?
(宇宙ステーションフリーダムは何をほのめかしているか?)

  1. The project ultimately had to be scrapped because Bill Clinton believed the limited funds availale should be redirected to the development of the ISS.
    (限りある資金はISSの開発に振り向けるべきとビル・クリントンが考えたため、その計画は取りやめにする必要があった。)
  2. Given the troubled state of the U.S economy at the time, and the country’s lack of experience in space exploration, the project’s goals were too ambitious.
    (当時のアメリカ経済の苦境と宇宙開発の経験不足から、計画の目標は高すぎた。)
  3. The troubles the project encountered should have served as a warning of the difficulties involved in developing and building a space station.
    (その計画が経験したトラブルを、宇宙ステーション開発の難しさに関する警告と受け取るべきだった。)
  4. Proponents in the United States ignored requests made by space researchers from other countries, which resulted in those countries pulling out of the project.
    (アメリカの宇宙ステーション計画の支持者たちは、他国の研究者からの要求を無視し、他国が計画から離脱する結果を招いた。)

正解は3です。

1は、クリントン以前にフリーダム計画の予算は縮小されているので、間違いです。
2は、アメリカ経済の苦境やアメリカの経験不足について文中で触れられていないため、間違いです。
4は、他国が何かを要求した旨や、離脱したことは文中で触れられていません。

The author of the passage implies that backers of the ISS
(この記事の著者はISSの支持者に関して次のように示唆している)

  1. focused on issues which were important when the ISS was proposed but made the mistake of continuing to promote them even when they were no longer relevant.
    (ISSが提唱された時には重要だった問題に集中してしまい、重要ではなくなった後もその問題から離れることができなかった。)
  2. were encouraged by politicians to over emphasize the easier and less expensive aspects of the program and to avoid discussing the technical difficulties involved.
    (難易度が低く重要性の低い側面を強調するように政治家から要請され、技術的困難を議論することを避けた。)
  3. used false computer data to convince scientists to conduct research on the space station that they knew could more easily have been carried out on Earth.
    (偽のコンピューターデータを用い、地球上で実施した方がより難易度が低い研究を宇宙空間で行うよう、科学者たちを信じ込ませた。)
  4. made claims which exaggerated the potential benefits of work that could be done on the space station in order to persuade people to accept the cost of building it.
    (ISS建設の巨額なコストの説得材料として、宇宙ステーションでの研究で得られると思われる成果を強調した。)

正解は4です。

1は、ISS提唱当時に重要だった問題や、その問題から離れなかったことによる弊害について、文中で触れられていないため、誤りです。
2は、政治家からの干渉についての記述が文中にないため、誤りです。
3は、データい改ざんなどの陰謀論的な記述が文中にないため、誤りです。

What can be said of the setbacks experienced by the ISS?
(ISSの実験による失敗について何を述べているか?)

  1. They have been compounded by the fact that scientific research being conducted on the station is unlikely to result in advancement that are directly applicable to society.
    (宇宙ステーションで行われた科学的研究が、すぐに社会における進歩に結びつくわけではないということ。)
  2. They could have been avoided if scientists in the program had been awarded more funds to carry out experiments on the effects of long periods in space on human health.
    (宇宙に長期滞在した際の健康状態の変化に関する実験を実行に移すために、科学者たちが資金をより多く獲得できていれば避け失敗はられた。)
  3. They would not have been so significant if NASA had made efforts to address the concerns and suggestions of astronauts who had spent time working on the station.
    (宇宙ステーションで働く宇宙飛行士たちの懸念や提案に応える努力をNASAがもっとしていれば、それほど重大な結果はもたらさなかった。)
  4. They occurred because those involved in the station’s construction and management focused on long-term objectives rather than setting more immediate goals.
    (宇宙ステーションの建設と運営に関わった人たちが、短期的なゴールよりも長期的な目標に集中したために起きた。)

正解は1です。

2は、宇宙長期滞在に関する健康問題について文中で触れられていないため、誤りです。
3は、科学者達の資金獲得に関して文中で採りあげられていないため、誤りです。
4は、文中には「forward-thinking(未来を見越した思考)」の重要性に触れている部分があり、問題文と矛盾するため、誤りです。

まとめ

英検1級の筆記試験では、2~3ページにわたる長文を読んで問題に答えなければいけません。長文をじっくり読んでいる時間はありません。日頃から英語の速読に親しんでおく必要があります。

長文の中には難解な単語も多く、いちいちその単語の意味を考えていたら回答時間が足りなくなってしまいます。
残り時間と残りの問題数を常に頭に入れて、長文は短時間で読んで行かなければいけません。

逆に、回答の選択肢はじっくり読まないと、正解率を高めることは難しいです。
なんとなく正解っぽい選択肢が1番目や2番目に出てきても、ちゃんと4番目の選択肢まで目を通し、最も正しい選択肢を選ぶことが重要です。