英検1級の面接試験のスピーチ例と回答のポイント

この記事では、英検1級の二次試験:面接でのスピーチ回答例を紹介します。

※出展:英検1級過去6回全問題集2012年度版(旺文社)

Q1: Agree or disagree: The Internet should be free from censorship?

A1:
I agree that the Internet should be free of censorship. There are three reasons why I believe this.

First, the Internet has become a primary source of information and communication for people all over the world. Just as we have a right to freedom of speech and information in our daily life, we should have the same freedoms on the Internet.

Secondly, government censorship of the Internet can become a threat to the free speech of citizens. When we look at this issue globally, we see that the governments which censor the Internet the most are often the least democratic. This is not a coincidence. Dictators are afraid to allow their citizens access to uncensored information and communication. In fact, the Internet has played an important role in recent revolutions, including those of the Arab Spring in the Middle East and North Africa.

Finally, censorship on a large scale gives too much power to censors. They make decisions that should be left to individuals and families. Some people may think that censorship is important for moral or religious reasons, but censorship done by government or other large organizations can be easily abused. It should be left up to users to make decisions about how the Internet should be used.

Q1: 賛成か反対か:インターネットは検閲から自由であるべきか?

A1:
私は、インターネットは検閲から自由であるべきと考える。それには3つの理由がある。

第一に、インターネットは全世界において最重要な情報源かつコミュニケーション手段となっているからである。日常生活において言論の自由や情報への自由が権利として認められているように、インターネットにおいても同様の自由が認められるべきである。

第二に、政府によるインターネットへの検閲は、市民の自由な言論に対する脅威となるからである。このような問題を取り扱う際、インターネットを検閲している政府ほど、民主化の度合いが少ない政府という傾向がある。これは偶然ではない。独裁者たちは、市民が検閲無しに情報を得たりコミュニケーションを取り合うことを警戒している。事実、中東や北アフリカでの「アラブの春」という近年の革命においても、インターネットは大きな役割を果たした。

最後に、大規模な検閲は検閲の主体に権力を与えてしまう、という点を挙げることができる。個人やそれぞれの家族が行うべき決定を政府が行うことになる。道徳的・宗教的理由から検閲が必要だと訴える人もいるだろう。しかし、政府や大規模な組織によって行われる検閲は、濫用されやすいという傾向がある。インターネットをどのように利用するかは、ユーザーに委ねられるべきである。

Q2: Should people be encouraged to buy more domestically produced goods?

A2:
I believe that people should be encouraged to buy domestically produced goods whenever possible. There are four reasons why I believe this is important.

First, buying domestically produced goods supports the national economy and creates jobs. The stronger the economy becomes, the more money people have to make future purchases.

Second, making domestic purchases helps protect the environment. Goods produced overseas have to be shipped long distances, requiring higher usage of energy, such as gas and oil. This results in more pollution and higher usage of carbon emissions, a cause of global warming.

Third, a nation is more secure when it produces its own products. For example, Japan now depends on foreign nations for much of its food. If a worldwide crisis were to happen and we were not able to obtain necessary food, the results would be serious or even dangerous for all Japanese people.

Finally, for things like food, domestically produced goods are often healthier. Domestic standards are higher and locally grown food is fresher and has fewer preservatives than food shipped long distances.

For these reasons, I believe it is a good thing to encourage purchases of domestically produced goods.

Q2: 人々は、国内産の製品を購入するよう奨励されるべきか?

A2:
可能な限り、国内産を購入するよう奨励されるべきだと私は考える。それには4つの理由がある。

第一に、国内製品を購入することは、国内経済に寄与し、雇用を生み出すからである。経済が強力になるほど、人々の購買力も高まる。

第二に、国内製品の購入は、環境保護にも貢献する。外国製品は長距離を輸送しなければならず、石油やガスなどのエネルギー消費量が大きくなる傾向がある。外国製品の購入は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出や大気汚染の原因となる。

第三に、自国産の製品を購入する方が安全保障上有利という点があげられる。例えば、日本は食糧の大部分を外国に頼っているが、世界的な食糧危機が起こった時、日本は必要な食糧を確保できない恐れがある。結果は重大で、日本国民全体にとって危険な事態を招く可能性がある。

最後に、食料のような農産物は自国で生産した方がおおむね健康的、という点を挙げることができる。日本国内の農産物に対する規制は外国よりも強く、地元で採れた食料は新鮮なため、外国産の農産物のように多くの保存料を必要としない。

これらの理由から私は、自国産の製品の購入は奨励されるべきだと考える。

Q3: Agree or disagree: Advertising has a negative influence on society?

A3:
While advertising has a positive influence on society in some ways, it certainly has a negative influence as well. I’d like to focus on the negative influence.

Firstly, the aim of advertising is to get people to spend and consume more, which has the effect of making people more materialistic.
People never seem to be satisfied these days with what they have. Advertising makes us feel that our happiness depends on buying the newest and trendiest things. As a result, our garbage dumps are filled with items that are still useful, the air is being polluted and our global climate is changing.

Secondly, children are particularly vulnerable to advertising. They feel they need to have the toy that they see so powerfully advertised during their favorite show. Often, the toy is somehow tied into the show, or trading cards of favorite characters or a model of a loved superhero. Parents often feel forced to buy more for their children, which begins the child’s lifetime cycle of nonstop consumption.

Thirdly, advertising floods our world with noisy sales messages, including flyers and brochures in our mailboxes, ads on television, billboards on our highways, and spam in our email boxes. Many people feel they are drowning in a sea of advertising.

For these reasons, advertising plays a negative role in society.

Q3: 賛成か反対か:広告は社会に対して悪影響を及ぼすか?

A3:
広告には一定の有益な影響も認められる一方、確実に悪影響も存在する。私は悪影響の方に焦点を当てようと思う。

最初に、広告の目的は人々により多くのお金を消費させることであるという点。結果、人々を物質主義に駆り立てる性質がある。近年、人々は手持ちの物だけでは決して満足しないようになっている。広告の影響により、最新の製品を買うことで幸せが実現できると私たちは思いこんでいる。結果として、まだ使うことのできる物を満載した大量のトラックがゴミ処理施設に殺到し、排気ガスやゴミ焼却による排出ガスによって大気は汚染され、世界の気候変動の一因となっている。

第二に、広告への耐性がない子どもたちへの影響が挙げられる。子どもたちが楽しみにしているTV番組の合間で、おもちゃは大いに宣伝される。子どもたちはおもちゃへの衝動を抑えることができない。おもちゃはTV番組とタイアップしており、キャラクターが印刷されたトレーディングカードや、スーパーヒーローの人形などを、子どもたちは親にねだる。親たちは子どもたちの頼みを断り切れず、子どもたちは永遠の消費サイクルに巻き込まれていく。

第三に、広告は私たちをセールス情報で埋め尽くしてしまう点が挙げられる。郵便受けに飛び込んでくるチラシやパンフレット、TVのコマーシャル、高速道路の巨大広告、メールボックスのスパムの山など。多くの人々は広告情報にうんざりしている。

このような理由から、広告は社会に対する悪影響が大きいと私は考える。

まとめ

  1. 最初に意見を表明する(賛成 or 反対)。
  2. 意見の根拠を3つ以上提示する。
  3. 根拠には具体例を含める。
  4. 最後に意見を再度表明してまとめる。

このような形式で答えると高得点が狙えます。