英検1級の筆記試験で出題されるのはどんな単語?

この記事では、英検1級の筆記試験で出題される単語について紹介します。

※出展:英検1級過去6回全問題集2012年度版(旺文社)

1. 穴埋め問題(単語)

(1) At first, the woman accused her neighbors’ children of destroying her flower bed. However, it turned out that the real (    ) was the dog that lived across the street.

  1. clout
  2. acolyte
  3. culprit
  4. levy

(1) 最初、その女性は花壇を荒らしたのは近所の子どもたちだと考えていた。しかし、真の(   )は道の向こうに住んでいた犬だった。

  1. 布きれ、殴打
  2. 従者、助手
  3. 犯人、容疑者
  4. 課税、徴収

正解は、3.culprit(犯人)です。

(2) Reptiles like snakes and lizards are unable to create their own body heat, so they can often be seen (    ) in the sun to warm up.

  1. basking
  2. budging
  3. muddling
  4. scouring

(2) ヘビやトカゲのような爬虫類は、自身の体温を維持することができない。そのため、これらの動物は日光を浴びて(   )している様子をよく見かける。

  1. 日光浴をする、日焼けする
  2. かすかに動く
  3. 汚す、騒ぐ
  4. みがく、探し回る

正解は、1.basking(日光浴をする)です。

(3) The cakes at the banquet looked (    ), but John was determined to stick to his diet. He chose fruit instead.

  1. desolate
  2. vociferous
  3. conniving
  4. enticing

(3) 宴会で出されたケーキは(   )に見えたが、ジョンはダイエット中なので我慢した。彼はケーキの代わりにフルーツを選んだ。

  1. 荒廃した、寂しい
  2. 大声の、うるさい
  3. 正直でない、ずるい
  4. 誘惑するような

正解は、4.enticing(誘惑するような)です。

2. 穴埋め問題(フレーズ)

(1) In the 1990s, the idea that “emotional intelligence” — a person’s ability to be aware of and understand their emotions — may correlate to workplade effectiveness began to take hold in the United States. While the theory itself is still controversial, a greater sensitivity to emotional behavior has certainly emerged in corporate America. One might suppose, then that people are now (    ) expressing emotions at work. A recent study by author Anne Keamer found that open displays of emotion have indeed become commonplace. At the same time, though, many people still consider such behavior in the workplace innappropriate.

  1. being punished for
  2. more comfortable with
  3. trying to resist
  4. less tolerant of colleagues

(1)1990年代のアメリカでは、「感情的知性」が業務効率に関連しているのではないかと考えられるようになった。「感情的知性」とは、自身の感情を認識し理解する能力のことである。この理論は議論を呼んだが、アメリカの企業社会では感情的な行動には配慮が必要とされるようになった。今では時代も変わり、仕事で感情を表に出す方が(   )と考えている人もいるかもしれない。作家アン・クリーマーの最近の研究によれば、感情を表に出すことは当たり前になっていると分かった。しかし、多くの人は職場でのそのような振る舞いは適切ではないと今でも考えている。

  1. 罰を受ける
  2. より快適である
  3. 衝動に抵抗しようとする
  4. 同僚に対して寛容ではなくなった

正解は2.です。

(2) Our planet consists of a solid core surrounded by several layers. The relatively thin outermost layer, called the crust, is composed of different types of rock with varying composition. The layer beneath the crust — nearly 3,000 kilometers thick — is called the mantle. Geoscientist (    ) to obtain samples directly from this layer.

  1. have long wanted
  2. may suspend their plan
  3. cannot get permission
  4. could miss the chance

私たちの惑星は複数の層で覆われた固い核で構成されている。最も外側の比較的薄い層は、地殻と呼ばれている。近くは様々な組成の異なる岩石から構成されている。近くの下には、約3000キロメートルの暑さのマントルと呼ばれている層がある。地質学者はこの層のサンプルを手に入れるために(   )。

  1. 長い間待ち望んでいる
  2. 計画を中止するかもしれない
  3. 許可が取れない
  4. チャンスを逃すかもしれない

正解は1.です。

3. 読解問題

(1) The Chagos Islands comprise a remote archipelago in the Indian Ocean about 2,600 kilometers southwest of India. Thought to have been discovered by the Portuguese in the 16th century, they were later colonized by the French, who established coconut plantations, and then by the British. By the 1960s, these islands. which remained under British control, were home to approximately 1,500 islanders — mainly descendants of African slaves and Indian plantation workers brought in by the French.

During the Cold War, the United States selected Diego Garcia, the largest of the Chagos Islands, as a location for a key military base. In 1962, Britain agreed to lease the island to the United States in return for millions of dollars in subsidies on a nulcear submarine that Britain wanted to purchase from its transatlantic ally. The United States, however, had included in the lease agreement the stipulation that, due to security considerations, all of the Chagos Islands be uninhabited.

It later came to light that in order to legitimeze their actions British authorities began a campaign to, in their own words, “maintain the pretense that there were no permanent inhabitants on the islands.” In an effort to satisfy the lease agreement and present an aura of legality, islanders were classified as migrant workers without permanent residency or indigenous status, despite the fact that thier families had lived on the islands for generations.

(Q) How did Britain try to justify the decisions to relocate the Chagos islanders?

  1. By insisting that unstable trade relations in the region would make it difficult for the islanders to continue making a living from coconut plantations.
  2. By aseerting that the isolated locations of the islands meant they could not be protected by nuclear submarines based in the Indian Ocean.
  3. By stating that the islanders were not permanent residents and had no right to remain on the islands since they were there specifically to work.
  4. By claiming that the dangerous nature of U.S. military operations would pose an increasing threat to the islanders’ safety.

(1) チャゴス諸島は、インドから2600キロ南西のインド洋に浮かぶ群島から構成されている。16世紀、ポルトガル人によって発見され、フランス人によって植民化された。島にはココナッツ農場がフランス人によって作られ、その後はイギリス人も植民化を行った。1960年代を迎える頃には、島はイギリス人によって統治されるようになった。島には約1500人の島民が住んでいた。島民は、フランス統治時代のアフリカ大陸からの奴隷や農場労働者の子孫だった。

冷戦期、アメリカはディエゴ・ガルシアという最大の島に、主要な軍事基地を設置することを決定した。1962年、イギリスは島をアメリカに貸し出すことに同意した。見返りとしてアメリカはイギリスに数百万ドルを支払い、イギリスは大西洋を越えた同盟国から原子力潜水艦を購入した。アメリカとイギリスは、島貸出の条件として、安全保障上の観点から島の住人を島外に移転させることを両国は合意した。

後ほど明らかになることだが、島民の移転を正当化するためにイギリスは、「島には恒久的住人はいなかったとするまやかし」という活動を実施した。貸出条件の合意を正当化するために、島民は移民労働者として扱われ、永住権を持っていないものとされた。実際は、島民の家族は何世代にもわたって島に住んでいたにもかかわらず。

(Q) イギリスはどのようにしてチャゴス諸島の島民の移転理由を正当化させたか?

  1. 地域の不安定な貿易関係のため、ココナッツ農場で生計を立てることが難しくなると主張した。
  2. 地理的に孤立していることから、インド洋の原子力潜水艦で島を守ることが難しいと主張した。
  3. 島民が島に住んでいるのは仕事のためであり、島民は永住権を持っておらず、島に残ることもできないと説明した。
  4. アメリカ軍の軍事活動によって島民の安全への脅威が増えるためと主張した。

正解は3.です。

まとめ

さすが1級、単語が難しいです。
分からない単語は無視して、かろうじて見たことのある単語を軸として考えると、正解率が高まります。