“one-horse town” 「ちっぽけな町」

LEVERAGE(レバレッジ) – シーズン1 ディスク4 エピソード1
– “The Bank Shot Job”より

この回の主なプロット:

  • 悪徳判事を騙す
  • 銀行強盗に遭遇


Phrase 1: “one-horse town”

「ちっぽけな町」(1:30)

(Roy) The trick to a one-horse town? Being the horse.

(ロイ判事)「ちっぽけな町でうまく立ち回る方法が分かるか?親分になる事だ。」

“one-horse town”は、「ちっぽけな町」という意味です。
直訳では「馬が一匹しかいない町」ですが、「人口が少ない」「失業率が高い」「規模が小さい」という意味で用いられます。
ここでは、「一匹しか馬がいないのであれば、その馬になれ」という意味で、ロイ判事は話しています。

Phrase 2: “You got me.”

「全くだ。」(12:54)

(Nate) What the hell are these guys up to?
(Roy) You got me.

(ネイト)「一体やつらは何を考えているんだ?」
(ロイ判事)「全くだ。」

“You got me.”「全くだ」「その通り」という意味です。

Phrase 3: “meth”

「覚醒剤」(18:13)

(Michael) They had me doing little things at first —
You know, errands, stuff like that.
And then a few months back, I started running for them.
(Nate) Drugs?
(Michael) Meth, mostly.

(マイケル)「最初のうちは、奴らは使い走りのような事を俺にやらせてた。
そのうち、仕事を手伝うようになった。」
(ネイト)「麻薬か?」
(マイケル)「覚醒剤だよ、ほとんどは。」

“Meth”「覚醒剤」という意味です。
“methamphetamine”の略です。

参考

英文スクリプト