“no-brainer” 「考える必要のない簡単な事」

COVERT AFFAIRS – シーズン1 ディスク1 エピソード2
– “Walter’s Walk”より

この回の主なプロット:

  • 飛び込み情報のヒアリング任務を行うアニー
  • 乱数放送の暗号を解読したウォルター
  • ジェイのDPDへの異動
  • 元IRAのマイケル・ケイヒルを調査。MI6のジェームズとの共同捜査
  • 姉のダニエルが遺言書を作成



Phrase 1: “Popsicle”

「アイスキャンディー」

(Danielle) Cereal is breakfast, Popsicles are not breakfast!
(Annie) I’m not getting into the middle of that.

(ダニエル)「シリアルは朝食だけど、アイスキャンディーは朝食とは言わないのよ。」
(アニー)「私を巻き込まないでね。」

アニーの姉・ダニエルが、娘に小言を言っている場面です。
“Popsicle”は、アメリカのアイスキャンディーのブランド名です。
popsicles
※出展:Popsicle

アニーのセリフ、“I’m not getting into the middle of that.“は、字幕では「そうかしら?」、日本語音声では「言い聞かせてなんて言わないでね」と訳されています。
直訳すると、「関わり合いになりたくない」という意味の文章です。


Phrase 2: “no-brainer”

「考える必要のない簡単な事柄」

(Annie) Could I think about it?
(Danielle) Well, think about what? It’s a no-brainer.

(アニー)「ちょっと考えさせてくれる?」
(ダニエル)「何を考えるって言うの?考える必要もないじゃない。」

“no-brainer”は、「考える必要のない簡単な事柄」という意味です。

ダニエルは、自分と夫が事故などで亡くなってしまった場合は、妹のアニーに子どもたちの保護者になってもらおうと考えています。
しかし、アニーはCIAという危険な仕事についており、姉の頼みを安請け合いできません。
さらにCIAの決まりで、アニーは自分の身分を誰にも明かせません。


Phrase 3: “crackpot city”

「変人たちの町」

(Annie) Walk-ins are nut-jobs, right?
(Auggie) Crackpot city.

(アニー)「情報屋って、変人達の相手をするって事?」
(オギー)「クレイジーな連中の集まりだね。」

“crackpot city”「変人たちの集団」という意味です。